飄々リベル

30代でフリーランスになった無謀な日記

2018年6月のアフィリエイト収入と有料noteについての雑感

収入

AG社 51,489円

AE社 42,292円

AB社 2,000円

AM社 14,836円

AH社 49,218円

合計 159,835円

 

支出

174,267円

 

収支

マイナス14,432円

 

身辺雑記

・先月の収支マイナス約5万円よりは回復したけれど、大型の臨時振込みたいなものがたまたまあっただけで事業自体が回復傾向にあるわけではない。

・特に半年前まで20万PVくらいを誇っていたサイトが現在5万PV程度にまで落ちてしまっているのは痛い。ペナルティではなく自然減。短期間でここまで落ちるかね? まー仕方ない。やるべきことを淡々とやっていくしかない。

・月の支出は毎月17万円程度で落ち着いている。無駄遣いをしているわけではなく、殆どが税金等の固定支出である。来年から税額がどの程度になるかはわからないが、質素な一人暮らしでもフリーランスになるなら月収20万円くらいはないとなかなか不安である。ご査収ください。

・最近は別の個人ブログにアニメの詳細な考察記事を連投している。1話につき5,000字〜8,000字ある。はっきり言って全くお金にならない。何やってんだ俺は、仕事しろ。だけど、お金にならないことをしている時が一番楽しい。一段落したら再び始める。

 

有料noteに関する雑感

・ブログで不労所得を画策する友人が有料note販売を始めて1,000円のものが3つくらい売れたらしい。正直驚いている。あれこれと相談されてアドバイス的なことをしていたのだが、そのうち売れるだろうとは思っていたものの、短期間で3つも売れるとは思っていなかった。恐るべし。

・私も有料noteを「卵を一つの籠に盛らない」ためにやってみてもいいかとは思うのだけれど、イマイチ気が進まない。私の信念(という程でもないけど)はインターネットという海に毒にも薬にもならない情報をばら撒くことであり、有料の情報を発信して誰かから搾取することではない。だけど、もしかしたら「インターネットは自由でフリー」という概念はもはや崩壊しかけているのかもしれないとも思う。

・しかし、高い。5000字程度の情報が1,000円て。あのダニエル・カーネマン『ファスト&スロー』はあの膨大な情報量、唯一無二の品質で一冊1,000円以下だぞ。それに比べれば、仮に私がどんなにオリジナリティの高いものを書いたとしても1円の価値もないだろう。少なくとも1,000円の価値はない。

・それでも価値を決めるのは購入者である。何が言いたいかというと、やるべきかやらざるべきかそれが問題だと言うことだ。あけすけに言ってしまえば、気は進まないがお金は欲しい。まだ切羽詰まった状況ではないので、よく考えようと思う。